24時間ジムプロデュース

24時間ジムプロデュース
FCの約半額でマシンが揃う!メーカーとの特別なタイアップにより、低価格にて備品購入が可能! 会員管理システム、販促プラン、人材教育、パーソナルトレーナーの育成や派遣など! 必要な業務がワンストップで完結できます。これからの時代どのようなクラブを作れば長期間成功できるのか? 圧倒的に勝てる! そのノウハウをFCと比較ください。

2020年8月9日日曜日

コロナ禍での24時間ジム出店!

 8/1にアレクシー徳島北島店がグランドオープンしました。まさにコロナ禍真っ只中でのオープンとなりました。当然コロナによる影響はありますが、オープン時点で採算分岐分岐会員数を集客し好スタートを切りました!

<既存クラブの現状は?>

既存クラブではプールも備える総合クラブがコロナによる被害が最も大きく、会員数は40%程度減らしています。新しい生活様式=ソーシャルディスタンスを考えると、今までは活気があったスタジオも定員を半減させ、換気のためレッスン間隔も開けることから、日の収容人数が大幅に減り、40%減った会員数であってもキャパシティが足りない状態です。今後も見据えて根本的な運営方法の転換が必要となるでしょう。

被害が大きい総合クラブとは対照的に、24時間ジムはコロナ禍の現在でも会員数の落ち込みも低く抑えられています。元々個室で着替え、シャワーも個室であるため3密にはなりにくい、24時間営業なので、混雑時間を外せば安心してトレーニングができるのもポイントです。

<コロナ禍での勝てるクラブ出店とは?>

24時間ジムと既存フィットネスのハイブリットクラブが望まれています。

サポート面では、入会者の多くがフィットネス未経験者であることから、少人数のスタッフであっても、ちゃんと教えるサポートを提供する。

ハード面では、幅広い年齢層を獲得するために、ジム以外にもファンクショナルスタジオ、バーチャルスタジオを設置し、24時間スタジオレッスンを提供する環境を用意する。

衛生面では、24時間ジムのような土足利用は避ける。スタジオや更衣室などは換気を考えた建築にする。

運営面では、低利用者サポートを充実させ定着促進を行うなど、今までの24時間ジムとは違うステージの運営が必要となります。

<出店をお考えの方へ>

まずは、基礎的な知識を持つことです。そうすれば自ずとゴールが見えてきます。是非お問い合わせください。TV電話で疑問点を全て解消させていただきます。




0 件のコメント:

コメントを投稿